雑文, , 思い出

血のようなソファー

廃墟が好きだ。廃墟が好き、というか、厳密には廃墟が好きなわけではなくて。

厳密に言えば、“人がたくさんいた気配の残った誰もいない場所”に強く慕情を感じるのだ。

昨晩こんな夢をみた。

薄暗いロビーには、赤いベルベットのソファー。黒ずみ始めた赤い血液のような色。

煙草の灰を落とす為、或いは凶器になるガラスの灰皿が乗ったテーブル。

そして、場を白けさせるのにうってつけの、中途半端に大きな、安っぽいブラウン管のテレビ。コンセントが抜かれている。そうだ。誰もいないから。もうずっと、使われていないみたいだな。

私は4歳か5歳で、100円玉1枚、10円玉おそらく5枚を握っている。

これがあれば大丈夫、と、まるでお守りか呪いのように大金を握りしめ、子どもの私はその薄暗いロビーの血のようなソファにおとなしく座っている。

永井豪の漫画が、テレビの横の棚にあった。表紙が怖くて、もうあそこには近づけないだろう。

大人たちの声が、遠く遠く、幻聴のように聞こえる。

もしかしたら大人たちなんかどこにもおらず、つけっぱなしのラジオでもあったのかもしれない。

このロビーは、カビのにおいがする。カビのにおいだったのだろうと、あの時わからなかったけれど今ならわかる。

カビのにおい、湿ったタオルのにおい、煙草のヤニのにおい、ありとあらゆる隙間につまった、なにか汚いもののにおい。

その嫌なにおいそのものが、物質として口の中に入ってくるようで、私は呼吸をするのがつらかった。

おかあさん。

おかあさんはどこだろう。

窓からおかあさんの車が見える。

おかあさんが乗っているか目を凝らすと、窓がぐにゃぐにゃ歪んで、車は消えてしまった。

こんな夢だ。

わたしが4歳くらいの時、母は駅前の呉服屋さんが主催する呉服市でアルバイトをしていた。

場所は母に聞いて覚えているかどうかはわからないが、今思えばオフシーズンの温泉旅館だったように思う。

宴会場であろう大広間には、きらびやかに並べ飾られた着物や和装小物たち。試着するご婦人に着付けを施す店員。母もそのうちの一人だった。年末年始近くに2回か3回、一緒に連れられて行った。

おとなしくて手のかからない良い子な私は放置された。嫌な記憶ではない。放置された、という言葉が悪いだけで、私の日常は放置だった。自由だ。その自由のなかで、私はひとりで様々なことをして遊んだ。

夢の中では、ロビーから動かなかったが、実際には展示会場やお風呂場や厨房、娯楽ルームでは卓球のラケットで遊んだ記憶がある。怖い漫画が永井豪だったかは定かではないが、確かにああいったタッチで、子どもが読むには過激だった。

私は廃墟が好きだ。より正確に言うならば、たくさんの人がいたであろう気配が残った、誰もいないロビーに慕情を感じる。

昨晩夢をみて、はっきりとわかった。

呉服市で行った、あの旅館。入り組んだ迷宮。暗くて怪しくて嫌なにおいがする。ああ、こんなに怖くて、こんなにドキドキするのはいつぶりだろう、そう感じたに違いない。

私は、暗くて怪しくて怖くてドキドキしたのだ。

そして今もあの感覚を求めて、ものを作っている。そう。ひとりで遊んだあの体験を共有したくて、もの作っているのだろうね。

広告
雑文

ありのまま

眠る前です。手元のスタンドライトだけついています。冷蔵庫の唸り声が聞こえます。私が一番ちょうどよいと思う室温になっていて、縦型ファンがゆっくりと部屋の空気を混ぜてくれています。

薬を飲んだので、ライトを消して暗くして、目を閉じます。ベッドがわの壁に吊るしたワックスの、甘いラヴェンダーの香り。それは、なんの思い出もない、ただのいい香り。思い出のないただのいい香りは、過去なんかなにも気にしません。過去なんかガン無視です。シカトシカト。知るか。このこはただ、このベッドわきにつるされているだけ。私と語れる思い出話しは、眠れたとか眠れなかっとかそれだけ。

今日はどうかな。

真っ暗になった小さな部屋。PCの小さな光り、充電中の青の点滅、風、匂い、気配。会いたいなぁ。

会いたい。

おやすみ。

雑文

イメージの整理

モバイルからぽちぽち書いてます。なんだかやっと、すっと納得できる方向に行きそう。

Twitterで呟いたのですが、マ行真昼さんをやっとおにぎりみたいにまとめることができそう。海苔で…、あ、いや、違う違う。コピペになるけども、

・総合案内(information_wp)
└販売窓口(store_DERACINELL)
└SNS(Twitter/Instagram)
└blog(夢遊病者ふたたび_wp)

こんなかんじ!

この構成で完結させる。

元々Twitter上で短歌やら写真は駄々流ししているし、まとめて読みたい人向けに冊子があって、そこに未公開の書き下ろしや雑記も載せる。それを定期的に作る……のが目標。目標というか、それが予定です。

過去写真から選んだ写真、短歌、散文詩、エッセイ、それぞれ、撮り下ろし写真や書き下ろしなど、webには出していないものをプラスして一冊に。

形は、なんとなーくA6くらい?A5なら横がいいなーとかとか。

写真も、カラーちょこっとと、あとは予算上モノクロかなー、、どうかなー、、もし写真集的なものにするなら、カラー比率上げて頁数を減らすし、文章が多めになるなら頁数は増やせるし。。。

どんなイメージにしようか、まだぼんやりしているので、Twitterでアンケートもやっています。これ、部数もなんとなくイメージできるから凄く良いの。アンケート機能ありがてえ。。

そんなこんなかな。

すごい雑だけど、blog、ノートに書くみたいにこんな風に書いてくよ~。写真はあんまり乗せないからつまんないかもだけど、私は人のblog文章だけでも全然好きだし、まぁこんなんでもなんにもないよりは面白いかな。

また書きますね。

雑文

進捗

ここ、放置していたらだいぶ変わってて戸惑いが。。。こんなんだったっけか。

まだ波に乗るとまではいかないけど、定期的に、短くてもここになにか書いていこうと思ってます。

サイト的なものもwpで作っていたのだけど、画像劣化が気になって。。。別のとこに作ろうかなぁ。

Twitter、Instagram(鍵)、blog(ここ)、DERACINELLのstore、の総合窓口を作ろうとしています、、まあ、ずっとなんだけども。

2018年上半期はstoreを動かしたので、下半期こそさっき書いた総合窓口の製作かなぁ。

かなぁと言いつつ、別件も動いているのだけど。

マイペースに、でも確実に、とりあえずは生きている。